麻酔科医に未来はあるの?(その3)